検出器

モビコールは、いかなる環境においてもどんな事象も検出できます。

取調べ

MobiCallは、広い範囲のセンサーと作用して一つのネットワークプラットフォームを中心に、イベントを検出してそれを処理します。Mobicallは、エンティティ通信リレーにより、その後、イベントのコンテキストや予測結果に基づいて通知し、適切な応答を監視することができます。

異機種間接続

Mobicallは、専用ハードウェアなど専用の追加はほとんど必要としないことを意味し、既存の機器やインフラに適応します。
その結果、MobiCallは、技術的整合性を阻害せず、完全な保護と協調を提供しながら、ブランドの独立性を維持します。

音声入力

MobiCallは、市場での圧倒的多数のPBXインターフェイスと相互作用することができます(昔の技術から最先端の技術も同様)。 MobiCallは、これらと相互作用をし(着信コール、電子メール、テキストメッセージアラート)イベントを検出し、その情報を伝達します。

標準プロトコル

MobiCallは、新たな展開を識別するためESPA、RS、MSF、RF、XML、SIP、およびIPなどの様々なコミュニケーションスタンダードを管理し、市場での技術革新の一定の流れに自体をアダプトすることができます。

ユニファイドコミュニケーションシステム

MobiCallは、第三者と相互作用することができ、グローバル通信ネットワークを使用する場合でも、Microsoft’s Lyncなどのユニファイドコミュニケーションソフトウェアなどで拡張リーチを可能にします。

ビル管理システム

MobiCallは効率性、セキュリティーや使いやすさを最適化するため、ビル管理システムとコネクトしています。

医療機器

MobiCallは、基本的なセンサー(ナースコールボタンなど)から非常に複雑なデバイス(集中治療室に配備してあるカプセルシステムなど)などの医療機器をモニターまたは相互作用するため、看護士やスタッフの連携がより効率化し、患者の転帰がより良くなります。

ホテル管理プラットフォーム

MobiCallは、職員とスタッフのより良いコーディネーションのために、ホテルのインフラストラクチャと相互作用することにより、Fidelioなどの財産管理システムを強化します。

ワイヤレス通信

MobiCallは、電話インフラ(例えばDECT、IP-DECT、GSM、VoIP)を統合し、一つのプラットフォームシステムにリンクすることができ、通知を最適化するためのリダイレクトコミュニケーションの効率的な手段を可能にします。

コンタクトコントローラ

MobiCallは、イベントを通信するために、多種多様なコンタクトハウジングリファレンスを統合し、直接のコンタクトとドライコンタクトデバイスとその他のコントロールユニットを可能にします。

IoT&接続デバイス

スマートフォン、タブレット、またスマートウォッチはコネクターとして作用することができます。MobiCallに設定されたアラートが始動することがあり、どこにあろうと接続デバイスによって伝達され、管理される場合があります。

監視と警告システム

MobiCallは、火災警報器、監視カメラ、または侵入検知システムや、またSNMPトラップなどのITモニタリングデバイスなどのすべての監視とモニタリングシステムと相互作用しています。

環境センサー

MobiCallは、煙、温度、光度、風邪や音などを検出する様々なセンサーから収集されたデータをプロセスし統合することができます。

ローカリゼーションデバイス

MobiCallは、特定の場所に到達したときや、事前に定義された境界領域が侵害された時に始動するリアルタイムの地理的局在センサーを基にソ リューションを提供しています。さらに、MobiCallは、より効率的に介入チームを動因するのをアシストすることができます。

アナログバリュー

MobiCallは、どんなIPセンサー(温度、湿度、電圧など)からのアナログバリューに応じてアラームを始動することができます。

特定のデバイスと MobiCallが統合できる可能か知りたいですか?

私たちにお問い合わせください。MobiCallがどのようにアシストできるのかデモンストレート致します。